胸板を厚くしたい、お腹をへこませてシックスパックになりたい、脚を細くしたい・・・。

外見を思い通りに変えたいという願望は筋トレをはじめる大きな動機ですね。

しかし、見かけなんかどうでもいいという人にも筋トレは必須なのです。

なぜなら筋トレで筋肉を鍛えておかないと、将来ロコモの恐れがあるのです。

 

ロコモティブシンドロームとは

ロコモティブシンドロームとは、自由に立ったり、歩いたりして、自立した生活を送れなくなること。

自立した生活を送る基盤となるのは、運動器です。運動器とはおもに移動にかかわる器官であり、筋肉、骨、関節、軟骨などです。

この運動器の衰えや障害により、移動する機能が低下した状態をロコモティブシンドロームといいます。

最近ちょくちょく目にする言葉ですね。

 

健康寿命を延ばそう

日本は世界有数の長寿国ですが、現在では平均寿命と健康寿命の差が問題化しています。

健康寿命とは「日常的に介護が必要なく、自立した生活が送れる寿命」のことです。

健康寿命は、平均寿命より男性で約9年、女性で約12年短く、その間は自立して生活できない状態(不自由な生活)を強いられるのです。

健康寿命を平均寿命に近づけるのは超高齢化が進む日本の大きな課題となっています。

 

課題とはすなわちロコモ予防。

健康寿命を短くする最大の要因は、運動器の障害が第1位。要支援・要介護になった原因の23%を占めます。

4人に1人がロコモで健康寿命を短くしているということです。

運動器を筋トレで強化すれば、ロコモ予防になり、健康寿命を延ばすことができます。

ロコモや健康寿命は高齢者だけの問題ではありません。

厚生労働省の調査によると、40歳以上の男女の5人に4人はロコモ予備軍と考えられています。

 

ロコモと似た言葉にメタボがあります。

メタボリックシンドロームですね。内臓脂肪型肥満があり、血圧や血糖値、脂質の値に異常があり、生活習慣病のリスクが高くなった状態です。

メタボは血圧などの数値で「見える化」できるため早めに対策が打てますが、ロコモは数値化できないため、運動器の衰えに気付きにくいというリスクがあるのです。

日本整形外科学会によると、片足で靴下がはけない、階段を上がるのに手すりが必要、2㎏程度の買い物袋を下げて帰るのが困難、15分程度も歩けない、こんな自覚症状があるなら、ロコモ予備軍かもしれません。

すぐに筋トレをはじめたほうがいいかもしれませんね。
 

★本当に効果のあるHMBサプリは?